離脱症状とは

ネット依存症,ネット依存症 対策,ネット依存症 診断,ネット依存症 治療,ネット依存症 原因,ネット依存症 新聞記事,ネット依存症 対策,ネット依存症 大人,ネット依存症 中学生,ゲーム依存症,ゲーム依存症 治療,ゲーム依存症 大人,ゲーム依存症診断,ゲーム依存症 小学生,ゲーム依存症 病院,ゲーム依存症 知恵袋,インターネット依存症,インターネット依存度テスト,インターネット依存症 対策,インターネット依存症 原因,インターネット依存症 厚生労働省,インターネット依存とは,インターネット依存 対策,インターネット依存 定義,インターネット依存症 治療
YUYA
YUYA

皆様こんにちは、YUYAです!

今回もネットゲーム依存に頭を抱えている方々の為に

有益な情報をお伝えしていきますね

ネット依存症,ネット依存症 対策,ネット依存症 診断,ネット依存症 治療,ネット依存症 原因,ネット依存症 新聞記事,ネット依存症 対策,ネット依存症 大人,ネット依存症 中学生,ゲーム依存症,ゲーム依存症 治療,ゲーム依存症 大人,ゲーム依存症診断,ゲーム依存症 小学生,ゲーム依存症 病院,ゲーム依存症 知恵袋,インターネット依存症,インターネット依存度テスト,インターネット依存症 対策,インターネット依存症 原因,インターネット依存症 厚生労働省,インターネット依存とは,インターネット依存 対策,インターネット依存 定義,インターネット依存症 治療

離脱症状という言葉はご存知ですか?

アルコール依存やギャンブル中毒にも

よく使われている言葉ですね

ネットゲーム依存症に陥る人は

必ずどこかで大量のドーパミンが発生しています

例えば、強い敵を倒した時

(これは私のパターンでした)

ネット内で「すごいね」と褒められた時

信頼されたり相談されて

自分のことを必要としてくれた時

人によってドーパミンという快楽物質が

発生するタイミングはバラバラではありますが

繋がりたい人

信頼され必要とされたい人

単純に強くなりたい人

ランキング上位にいたい人

凄いと褒めて欲しい人

ネットゲームに没頭することには

理由があります

そして依存する人はどこかで必ずドーパミンが

大量に発生しているのです

ネット依存症,ネット依存症 対策,ネット依存症 診断,ネット依存症 治療,ネット依存症 原因,ネット依存症 新聞記事,ネット依存症 対策,ネット依存症 大人,ネット依存症 中学生,ゲーム依存症,ゲーム依存症 治療,ゲーム依存症 大人,ゲーム依存症診断,ゲーム依存症 小学生,ゲーム依存症 病院,ゲーム依存症 知恵袋,インターネット依存症,インターネット依存度テスト,インターネット依存症 対策,インターネット依存症 原因,インターネット依存症 厚生労働省,インターネット依存とは,インターネット依存 対策,インターネット依存 定義,インターネット依存症 治療

さてこのドーパミンが大量発生すると

当然、快楽物質なので

とっても気持ち良い気分になります

学校や仕事で嫌なことがあっても

忘れることが出来ます(一時的ですが)

人間関係のトラブルがあっても

瞬間的に吹き飛ばしてくれるのが

このドーパミンなのです

そして冒頭に申し上げた

「離脱症状」

これはドーパミンという

快楽を与えてくれるモノから

離れている間に起きてしまう

様々なカラダの不具合のことです

ネット・ゲームから離れて

数時間すると出現します

具体的に言うと

手や全身の震え

発汗や寝汗

不眠、吐き気、嘔吐

血圧の上昇、不整脈

イライラ感、集中力の低下

幻覚(虫の幻など)

幻聴などです

ネットゲーム 依存症本人
ネットゲーム 依存症本人

なんだか無性にイライラして壁や物を殴りたい

ネットゲーム 依存症本人
ネットゲーム 依存症本人

全然眠れない。眠れないからもう一度ネトゲするか。

文章にすると恐ろしいですよ

ちなみに私の離脱症状は

発汗、不眠、イライラ、集中力低下

が強く症状として出ていました

寝不足になるので仕事に支障が出ますし

イライラするので妻とのコミュニケーションにも

トラブルが起きていました

自分でコントロール出来ていると

思い込んでいたので

仕事に支障が出ていないフリもしました

イライラしても無理やり抑えこんで

歯を食いしばって耐えたりもしました

モノに当たったこともあります

このように

普通であれば絶対にしないような

恥ずかしいことも

離脱症状は

理性を失わせます

コメント