ドーパミンを長時間かけて放出した結果招く危険性について

YUYA
YUYA

皆様こんにちは、YUYAです!

今回もネットゲーム依存に悩まされている方に

有益な情報をお伝えしていきますね!

ネット依存症,ネット依存症 対策,ネット依存症 診断,ネット依存症 治療,ネット依存症 原因,ネット依存症 新聞記事,ネット依存症 対策,ネット依存症 大人,ネット依存症 中学生,ゲーム依存症,ゲーム依存症 治療,ゲーム依存症 大人,ゲーム依存症診断,ゲーム依存症 小学生,ゲーム依存症 病院,ゲーム依存症 知恵袋,インターネット依存症,インターネット依存度テスト,インターネット依存症 対策,インターネット依存症 原因,インターネット依存症 厚生労働省,インターネット依存とは,インターネット依存 対策,インターネット依存 定義,インターネット依存症 治療

ドーパミンを適度に出す分には

素晴らしい効果があるのに

過剰に長時間出すと

地獄が待っています

今日はその辺を

脳のメカニズムと一緒に

分かりやすくお話していきますね

なんでドーパミンを長時間出しちゃダメなの!?

集中力!ポジティブ!意欲!幸福感!最強やんか!!

そうですね、メリットだけ見れば

長時間ドーパミン出せば

勉強だって仕事だって

バリバリ長時間こなせて最強ですね

でも少し考えてみてください

そもそも勉強や仕事で

長時間ドーパミン出してる人なんて

聞いたことがありません。

YUYA
YUYA

朝から満員電車で通勤!お昼休憩時間もなく夕方まで働きづくめ!残業なんて当然だよ!終わったら上司との付き合い飲みを夜中の2時までやって上司をタクシーへ送り届けてフィニッシュだよ!めちゃめちゃドーパミン出まくりだよ!うっ….

学園長
学園長

いいよ、無理しなくて。

しかしながら

体内に摂取することで

長時間ドーパミンを出せるものがあります

そう、薬物です

麻薬や覚醒剤など

意図的にドーパミンを大量に

かつ長時間、ドバドバと出すことが出来ます

薬物を摂取すると異常に集中力が増したり

睡眠不足でも疲れを忘れたように

ポジティブになり幸福感が得られます

あれは無理やりドーパミンを大量に

出しているからに他ありません

さてここからが本題です

なぜドーパミンを大量に長時間

出し続けることが危険なのか

それは脳の仕組みによって説明できます

ドーパミンを放出するシナプス細胞と

ドーパミンを受けとる受容体という

放出する側と受け取る側が存在します

ドーパミンが大量に放出し続けると

受け取る側がマヒを起こします

その後、受容体の数が段々と減っていきます

受容体が減ると

もっとドーパミンを出さないと

同じくらいの快感を得られなくなります

その結果

もっと長時間

もっと強い刺激を求めるようになります

これは耐性と呼ばれるもので

より多くドーパミンを出す行為を

しないといられない

そして最初ほどの満足感は得られない

という仕組みなのです

人間の体力には限界があります

ドーパミンは際限なく放出できません

いずれ枯渇します

ネット依存症,ネット依存症 対策,ネット依存症 診断,ネット依存症 治療,ネット依存症 原因,ネット依存症 新聞記事,ネット依存症 対策,ネット依存症 大人,ネット依存症 中学生,ゲーム依存症,ゲーム依存症 治療,ゲーム依存症 大人,ゲーム依存症診断,ゲーム依存症 小学生,ゲーム依存症 病院,ゲーム依存症 知恵袋,インターネット依存症,インターネット依存度テスト,インターネット依存症 対策,インターネット依存症 原因,インターネット依存症 厚生労働省,インターネット依存とは,インターネット依存 対策,インターネット依存 定義,インターネット依存症 治療

先に挙げたように

ドーパミン受容体もマヒを起こして

その数が段々と減っていきます

こうなると何をしても楽しくありません

例えばネットゲームをしていても

全く楽しくないのです

相手を打ち負かしたとしても

「あなたは凄いね」

と褒められたとしても

喜びも意欲も感じなくなってしまいます

カラッポのような

頭スカスカみたいな状態になるのです

しかし最初の頃に得た

ドーパミンによる快感を求めて行為を続ける

これが依存の仕組みです。

お問い合わせページでいつでも、依存経験者であるYUYAがお待ちしております。

オンラインカウンセリング公式LINEによるチャットカウンセリングで人には言えないご相談でもなんでもお悩みを解決いたします。

コメント